どなブロ

エンジニアァのブログです

MacOS Xでrubyのバージョンアップ

はじめに

仕事ではJavaエンジニアですが、趣味でRubyを触ろうと思いその一歩目としてMacOS Xに元々入っていたruby2.3.3をアップデートしようと。
※ついでに言うと初記事なので、markdown記法の練習も兼ねて。。

手順

  • Homebrewでアップデート
    $ brew update
    ※Homebrewがインストールされていない場合は別途インストールが必要

  • rbenvインストール
    $ brew install rbenv ruby-build

  • バージョン確認
    $ rbenv —version

    rbenv 1.1.1

  • rbenvのアップデート ※最新だったので行わず
    $ brew upgrade rbenv
    $ rbenv —version

  • リストからバージョンを探す
    $ rbenv install --list | grep 2.4.1

    2.4.1
    rbx-2.4.1

  • インストールして設定
    $ rbenv install 2.4.1

    ruby-build: use openssl from homebrew
    Downloading ruby-2.4.1.tar.bz2...
    -> https://cache.ruby-lang.org/pub/ruby/2.4/ruby-2.4.1.tar.bz2 Installing ruby-2.4.1...
    Installed ruby-2.4.1 to /Users/andoh/.rbenv/versions/2.4.1

    $ rbenv global 2.4.1
    $ gem install railties && rbenv rehash

  • ruby バージョン確認
    $ ruby -v

    ruby 2.3.3p222 (2016-11-21 revision 56859) [universal.x86_64-darwin17]

    →2.3.3のままで変わってない・・・

rbenv のrubyを使う場合は、pathが
/Users/ユーザー/.rbenv/shims/ruby
に設定される必要がある

→とのことなので

  • コマンドのpathを確認
    $ which ruby

    /usr/bin/ruby

  • eval “$(rbenv init -)” を ~/.bash_profile に追記
    $ vi ~/.bash_profile ←追記
    $ source ~/.bash_profile

  • コマンドのpathを確認
    $ which ruby

    /Users/andoh/.rbenv/shims/ruby

  • 改めてrubyバージョン確認
    $ ruby -v

    ruby 2.4.1p111 (2017-03-22 revision 58053) [x86_64-darwin17]

バージョンアップ完了

感想

  • path変える辺りコピペだったのでちょっと調べないと。。
  • Markdown記法慣れないと難しい

以上